沖縄県公式コミュニティ「まいにちに。おきなわ」

みんなでトーク!交流広場

2022/07/16 08:55

初めて投稿します。皆さん、朝ドラ「ちむどんどん」はご覧になってますでしょうか?来週は「ウークイの夜」のタイトルのもと、おそらく沖縄の旧盆が紹介されるのでしょう。
沖縄では新盆の行事はほとんどありません。旧暦の7月15日が旧盆といって、大きな年中行事になります。13日からウンケー(ご先祖様を迎える日)、ナカビ、ウークイ(ご先祖様を送る日)の3日間、親戚一同が集まり(あの世からご先祖様も集まり)先祖供養をします。カマボコ、天ぷら、三枚肉などが入ったお重、中味汁やイナムドゥチなど、まーさむんを皆で食べてぬちぐすいします。
特に沖縄市など中部で盛んですが、エイサーが道を練り歩き(道ジュネー)夜通し踊ります。まさに、ちむどんどんする時ですね。機会があれば観て頂きたいです。
お盆以外にも全島エイサーまつりでは、各地のエイサーを見比べることができてお勧めです。

https://www.zentoeisa.com/

いいね いいね
この投稿を共有する
閉じる
2件のコメント (新着順)
松浦はこ
2022/07/17 07:32

沖縄のお盆、とても興味深いです!いつかその時期に行ってみたいですね…!

「図解案内 日本の民俗」という2012年に発行された本で沖縄の行事が紹介されているのですが、お盆の時期に勇壮なエイサーが見られるようになったのは近年の現象とありました。
ここでいう近年がどのへんからの時代を指すのかわかりませんが、エイサーはいわゆる盆踊りとは異なるものだったのでしょうか?


もとさと
2022/07/17 15:23

琉球王朝時代に念仏踊りとして伝わったというのが、よくいわれている説だと思います。現存するものでは、うるま市の平敷屋エイサーがそれを彷彿とさせます。白地に黒の袈裟で僧侶のよう。比較的、ゆっくりした踊りながら、全員の動きやパーランクーの音がピッタっと揃う様は、力強くて、伝統エイサーの粋を感じます。

https://youtu.be/a-ykTQRUGGk






プラトン
2022/07/16 12:17

「ちむどんどん」、いろんな意味でハラハラしながら観ています。主人公の暢子(黒島結菜)が母(仲間由紀恵)の再婚の噂を聞いたくらいで急にお店を休んでやんばるの地元に帰るのはどうなのかと思ったのですが、旧盆のため帰省だとウチナンチューのオーナー(原田美枝子)の理解も得られそうですね。ということは、来週はウークイのタイミングで亡くなったお父さん(大森南朋)も遺影じゃない出演がありそうで楽しみです。


もとさと
2022/07/17 18:58

旧盆なら仕事を休んでもしょうがない。タテ社会より親戚や知人とのヨコ社会を大切にするのは確かにあると思います。
来週は津嘉山正種さんが出演され、沖縄戦のお話もありそうです。沖縄パートで少し盛り返せると良いのですが。